HOME > 最新買取実績 > 買取り商品一覧 > 絵画 > 人見友紀 油彩額 買取しました 【モノマニア朝日店】 三重の総合リユースショップ

人見友紀 油彩額 買取しました 【モノマニア朝日店】 三重の総合リユースショップ

2014年12月08日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


人見友紀 油彩額
ワイン工房のコスモス
10号

金具に多少のサビがありますが
全体的にとてもよい状態です。
写実的に描かれた日本の風景が人気の作品です。
彼の半生は、映像化されたことでも有名。


人見 友紀(ヒトミ トモキ) 洋画|日本人
1940 東京都生まれ
1977 ギリシャのアテネに定住して洋画活動を始める
1981 ヨーロッパ国際フェア美術展に初出展
1984 西ドイツ ミュンヘンバロム画廊にて個展
1984 ヨーロッパで数々の活動の後、ギリシャで人気画家となる
1986 ギリシャより帰国
1995 名古屋CBC画廊を始め、各地の画廊で個展、賞賛を浴びる
1997 国際美術交流展(日本、韓国、中国)グランプリ受賞
1997 国際文化交流 功労特別大賞受賞 アーチスト大賞受賞
1998 ニューヨーク展グランプリ受賞
1998 アートジャーナルフランス大賞受賞
1998 「モナコ政府主催」の民間文化大使として出席。皇太子に絵を贈呈
1999 国際芸術文化勲章受賞 逝去


概要・その他
本名、安雄(やすお)。東京都目黒区に生まれ、幼少時代から愛知県で過ごす。
1973年古美術窃盗団に関与して、盗品を売買をしたことが発覚。
愛知県警の摘発により逮捕寸前に海外逃亡を図り
以来、国際手配の第1号犯として119カ国に手配されながら、香港を皮切りにヨーロッパ各地9カ国を移住。
そうした逃亡中にスペインの画家アントニース・クレタと知り合って絵画の世界に目覚めギリシャで人気画家の地位を築く。
1986年、13年間の逃亡生活にピリオドを打って帰国、”日本のジャンセン””逃亡画家”などとマスコミの集中報道となり
その後は「逃亡の掟」、「許される日はいつ」などの著作を獄中出版、時の人物として話題を呼んだ。
(参考出展:wikipedia)


モノマニア朝日店では
絵画/リトグラフ/版画の
買取を行っております。

額に汚れのないもの、作者プロフィールが付属されているものは評価アップ。
まずはモノマニア朝日店までお持込み下さい。
 

.。*☆彡・.。*☆彡・.。*☆彡・.。*☆彡・.。*☆彡・.。
〒510-8102
三重県三重郡朝日町小向691-1
モノマニア 朝日店
℡ 059-376-2822
.。*☆彡・.。*☆彡・.。*☆彡・.。*☆彡・.。*☆彡・.。

店頭買取サービス
採用情報

contents

contents

contents

ohters