電動工具で有名なマキタってどんな会社?インパクトドライバーの選び方と一緒に解説!

いま、DIY需要の増加とともに電動工具の人気が急上昇中です。
カラーボックスを利用した簡単なものから、角材を用いた本格的な棚作りまで愛好家たちは様々なものを制作して楽しんでいます。
そんなDIYライフを満喫する上でかかせないのが、インパクドライバーを始めとした電動工具です。
電動工具にはHiKOKIやBOSCHといった様々な有名メーカーがありますが、とりわけ大きな人気を誇るのは「マキタ」でしょう。
マキタはDIYの愛好家や、仕事で電動工具を扱う人の中では、知らない人はいないというほどの世界的に有名なメーカーです。
今回は、そんなマキタの歴史や業界におけるシェア、オススメのインパクトドライバーについて解説していきます。
マキタに興味のある人、DIYに興味がある人には特に有益な情報になっておりますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

マキタの歴史

株式会社マキタは1938年に設立された、日本が世界に誇る国内最大手の電動工具メーカーです。
前身は1910年に創業された牧田電機製作所で、当時は個人経営で電灯器具や変圧器の修理業務を営んでいました。
マキタは、当時から高い技術力を大きな武器として商品開発を進めており、1958年には携帯用の電気カンナを日本企業で初めて国産化し、大ヒットを記録しています。
それ以来60年以上にわたり、電動工具メーカーのトップ企業としてブランド価値を高め続け、国内にとどまらず海外にも熱烈なファンを抱えるに至りました。
ちなみに、マキタと言えば電動工具のイメージが強い印象ですが、実は園芸用機器やエア工具などの製造と販売事業も手掛けており、幅広いジャンルを通じて我々の普段の生活を支えてくれているのです。

マキタのシェアはどれくらい?

マキタは国内最大手の電動工具メーカーですが、世界的にも大きく認められています。
その理由は、質実剛健かつどんな人にも扱いやすい製品作り、アマチュアからプロ仕様まで様々なニーズに対応した幅広いラインナップ、自社イメージをお客に的確に伝えるブランディング戦略、そして日本企業らしいきめ細かなアフターサポートなどで、その他にも枚挙にいとまがありません。
現在では、これらのセールスポイントを武器に世界シェア第4位の電動工具メーカーとして大成功をおさめ、日本のマキタから世界の「makita」として多くの人々に愛されているのです。

マキタのインパクトドライバーについて教えて!

昨今のDIY人気の高まりとともに、家庭でも使える高品質な電動工具の需要は増加の一途をたどっています。
その中でも、特に人気の高いマキタの電動工具がインパクトドライバーです。
この項目では、マキタのインパクトドライバーの選び方や、オススメの製品について解説していきます。

そもそもインパクトドライバーとは?

インパクトドライバーは回転と打撃の二つの要素を組み合わせてネジを締められる電動工具で、穴あけとネジ締め両方に対応していますから、幅広い用途に使えるのが特徴です。
さらに、大きなパワーを要する作業にも強く、上手くコントロールするには多少の訓練が必要なものの、慣れてくると作業効率が格段に上昇します。

マキタのインパクトドライバー選び方

前述したとおり、マキタのインパクトドライバーは国内でもトップシェアを誇る電動工具です。
世界的なブランドですから、「電動工具を買うなら、ぜひマキタのものが欲しい!」という方も多いことでしょう。
とはいえ、リリースされている商品数が多いためどれを選んだらいいか迷ってしまうのも、また事実です。
せっかくお金を出して購入するわけですから、ポイントを押さえて自分に合ったものを購入しましょう。

バッテリーの電圧に注目しよう!

マキタのインパクトドライバーを選ぶ際は、まずバッテリーの電圧に注目してください。
なぜなら、一口にインパクトドライバーと言ってもバッテリーの電圧には7.2Vの小さいものから40Vもの大きなものまであり、この大小によって、パワーや互換性能、価格が分岐してくるからです。
バッテリーの電圧によっては、対応しているインパクトドライバーの種類が異なってきますから、店員さんに用途を細かく伝えた上でアドバイスをもらうなどして慎重に選んでください。

DIYで使用するなら18Vか14.4Vがオススメ!

DIYで使用するなら、汎用性に優れ、初心者でも扱いやすい18Vか14.4Vがオススメです。
特に18Vのバッテリー対応のインパクトドライバーは、パワーと軽量性のバランスが優れているだけでなく価格面でも高いコストパフォーマンスを発揮しているとして人気があり、マキタの主力商品の一つとなっています。
さらに、18Vバッテリーを使用するインパクトドライバーは280種類以上もの製品が販売されておりますから、あなたに見合ったものがきっと見つかることでしょう。
なお、かつての主力商品だった14.4Vは18Vに比べてパワーが劣るものの軽量性において優位に立っているため、今なお根強い人気があります。
軽量性を重視して購入するなら14.4Vも有力候補としてもよいでしょう。

マキタ製電動工具の買取ならリユースショップ「モノマニア」にお任せください!

マキタ製電動工具の高価買取
現在、リユースショップ「モノマニア」では、マキタ製電動工具の高価買取に特に力を入れております。
DIY用電動工具の買い替えで愛機の売却をお考えの方、職場からのご引退などでお役目を終えたインパクトドライバーなどを売りに出したい方など、どんな方からのお持ち込みも大歓迎です。
当店ではプロ向きから初心者用まで、マキタ製電動工具を幅広く高価買取しております。
もちろん、買取査定は専門のスタッフが無料にて査定しますので、安心してお持ち込みください。
必ずや、ご満足いただける価格で買い取りさせていただきます。
なお、買い取り業務は基本的にお持ち込みでお願いしておりますが、大量査定の場合などは出張でも伺いますので、まずはスタッフにお気軽にご相談願います。
買取りにつきまして詳しくはリユースショップ「モノマニア」のサイトをご覧下さい。
https://mono-mania.com/wp2020/kaitori

Follow me!