国産ウイスキーの人気が高騰して原酒が足りない!その理由とは

ここ数年、国産ウイスキーの人気が高騰したため、ウイスキーの原酒が不足しているという報道をよく耳にします。
なぜ原酒が不足しているのでしょうか?
この記事では、国産ウイスキーが人気となった理由や、原酒が不足している理由など解説します。

世界に認められる国産ウイスキー(ジャパニーズウイスキー)

ジャパニーズウイスキーとは、日本国内で生産されるウイスキーのこと。
ジャパニーズウイスキーは、スコッチウイスキー、アイリッシュウイスキー、アメリカンウイスキー、カナディアンウイスキーとあわせて「世界五大ウイスキー」に数えられています。
近年、国際的なコンペティションで多くにジャパニーズウイスキーが、最高賞や入賞に輝いていることから世界中のウイスキー愛好家から注目されています。

ジャパニーズウイスキー原酒不足の理由

サントリーの「白州」や「響」「山崎」やニッカウヰスキーの「竹鶴」「余市」など、国産ウイスキーの人気銘柄の年代物が、次々と販売休止や販売停止になっています。この理由は、ウイスキーの原酒が不足しているためです。
では、なぜ国産ウイスキーの原酒が不足しているのでしょうか。


国産ウイスキーの人気の高まり


2010年頃から、サントリーがハイボール販売に力を入れたことから、今まであまりウイスキーを飲まなかった若い世代も、ウイスキーを楽しむようになりました。また、2014年には、NHKの連続テレビ小説「マッサン」が放送され、国産ウイスキーに注目が集まったこともきっかけとなり国産ウイスキーの人気が高まりました。
国産ウイスキーの人気が高まりによって、この10年で国内のウイスキーの出荷量は2倍以上に増え、原酒が不足するようになったのです。


原酒の熟成には長い年月がかかる


現在の国産ウイスキー人気の前、1980~1990年代は「ウイスキーの冬の時代」と言われるほど、ウイスキーの消費が低迷した時期でした。そのため、サントリーやニッカウヰスキーなど各メーカーは、原酒の生産量を落としていました。
今は、ウイスキー人気の高まりを受けて、蒸留窯や貯蔵庫など蒸留所の設備を増設して生産量を増やしていますが、ウイスキーは熟成に時間がかかるため、原酒不足が解消されるには数年かかる見込みです。

国産ウイスキーの人気銘柄

それでは原酒不足により年代物が販売休止や販売停止になった人気銘柄をご紹介しましょう。

山崎

「山崎」は、サントリーの山崎蒸留所で作られるシングルモルトウイスキーです。
山崎蒸留所は、サントリーの創設者である鳥井信治郎が1923年に建設した日本で初めてのモルトウイスキー蒸留所です。
この蒸留所の名前が付けられた「山崎」は、山崎蒸留所の伝統であるミズナラ樽貯蔵モルトと、ワイン樽貯蔵モルトをはじめとした様々なモルトウイスキーをブレンドして作られています。
やわらかく華やかな香り、甘くなめらかな味わいが特徴で、ノンエイジの他に12年、18年、25年がラインナップされています。

「響」は、サントリーのブレンデットウイスキーの最高峰。
コンセプトは、「日本の四季、日本人の繊細な感性、日本の匠の技を結集したウイスキー」で、華やかな香りと、奥深くもやわらかな味わいが特徴です。
ノンエイジの他に、21年と年間数千本しか作れない貴重な30年があります。

竹鶴

「竹鶴」は、ニッカウヰスキーの創設者である竹鶴政孝の名をつけた数量限定のウイスキー。
シェリー樽で熟成させた余市モルトと宮城峡モルト、リメード樽熟成の宮城峡モルトなどをブレンドした、グレーンウイスキーを使わないピュアモルトウイスキーです。
なめらかで艶やかな口当たり、華やかでフルーティーな香りが特徴です。

余市

「余市」は、北海道にあるニッカウヰスキーの余市蒸留所で作られるシングルモルトウイスキー。
余市蒸留所は、ニッカウヰスキーの創設者である竹鶴政孝が、ウイスキー作りの理想の地として選んだ場所です。
シングルモルト余市の特徴は、重厚な力強さとピートと潮の香り。穏やかに持続するオークの甘さとスモーキーな余韻が楽しめます。

白州

「白州」は、サントリーの白州蒸留所で熟成されるモルトウイスキーだけを使ったシングルモルトウイスキー。
軽快で爽やかな口あたりとほのかな酸味を感じるすっきりとした味わいです。
ノンエイジの他に、熟した果実のような、深い香りとほのかなスモーキーさの18年と、芳醇壮麗な香味と深い余韻の25年があります。

知多

「知多」は、サントリー知多蒸留所でトウモロコシを主原料に作られたグレーンウイスキー。
軽やかな味わいとほのかに甘い香りが特徴です。
書家・荻野丹雪氏が書した知多の文字が書かれた白いラベルには、日本で古くから親しまれている和紙が使われています。

国産ウイスキーの買い取りについて

ウイスキーの原酒不足により、さまざまな人気銘柄の年代物が、次々と販売休止や販売中止になってしまいウイスキー好きにはちょっと寂しいですね。
お宅には、昔頂いて飲まずに置いてある国産ウイスキーはありませんか?
もしあればリユースショップ「モノマニア」では買取させて頂いています。

特に、山崎、響は買取り強化中につき高価買取致します。

豊富な知識と経験を持つお酒の買取専門スタッフが確かな目で査定を行うため、高価買取を実現することが可能です。
又、お酒が大量で30点以上あれば、お客様のご自宅へお伺いして買取させていただきます。ご指定の日にモノマニアのスタッフがお伺いし、無料で査定いたします。

買取りにつきまして詳しくはお酒買取専門館 モノマニア のサイトをご覧下さい。
https://mono-mania.com/lp_outdoor/


ご連絡・ご来店をお待ちしています。

Follow me!